燻製加工品の燻製工房燻香(けむか)/燻製ランチ&カフェ「けむかフェ」福岡県春日市

FrontPage

画像の説明

いつも燻製工房「けむか」をご利用頂きまして、誠に有り難うございます。
この度、営業曜日を短縮させて頂く事になりました。
下記曜日のみの営業になりますので、何卒よろしくお願い致します。

水曜日土曜日

※燻製教室・燻製食堂のご予約はいつでも「メール」「電話」「FAX」にて受け付けております
※また燻製教室の曜日のご相談もお受け致しております。お気軽にご連絡下さい。


【九州の食材の旨味を引き出す燻香の絶品スモーク】

コンセプト

燻製工房「燻香」の製品は厳選された材料と自然海水で作った塩・香辛料・無添加の醤油・味噌を使い、桜チップで燻製して仕上げました。

発色剤・保存料・酸化防止剤などの添加物は入れておりませんので、手作りの味を安心してお楽しみください。


音楽素材/魔王魂

燻香…こだわり

燻製とは…

燻製料理



    塩漬けした肉や魚に木材のチップを燃やした煙をかけることで、


    特有の風味と保存性を持たせた加工食品のことです。


    食品の保存性を高めるに「塩漬け(水分を抜く)」「乾燥」などがあります。


    たとえば漬物は高濃度の塩に漬けることで保存性が増し、


    魚の干物は乾燥させることで保存性を高めています。


    「燻製」は煙で「いぶす」ことによって、


    煙に含まれているカルボニル化合物、フェノール化合物、有機酸など


    有効成分の力が殺菌・酸化防止の効果を発揮してくれるものです。




香りを「つける」のではなく、旨味を「閉じ込める」のが燻製。

ソーセージ燻製







 煙でいぶしますから、煙(香り)を素材につける


 ことが燻製と思っている方が大半だと思います。


 確かにその通りではありますが、その前に乾燥させて


 素材の旨味を「閉じ込める」作業が重要なのです。












ソーセージ作り






 閉じ込められた旨味があるからこそ、


 ほかの食材と調理する時にほかの食材の味や


 旨味を「引き出す」ことができるわけです


 ハム・ベーコンは、旨味を引き出す「だし」と


 考えてみるといいでしょう。









いろんな素材が燻製になる!

燻製料理

    たとえば酵母だけでも、日本と欧州でちがいがあります。


    欧州はワイン酵母、日本は味噌や醤油といった


    日本伝統の酵母を土台にしていますね。


    な・の・で、私の燻製づくりには


    この味噌と醤油をよく使います。




燻製調味料

    日本人の体には日本の素材なのです。


    豆腐や卵、液体である醤油やオリーブオイル、塩、胡椒まで燻製できます。


    これも燻製に対する大きな意識の広がりです。


    そんな燻製の本物を燻香は追及します。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional